お知らせ

2020.01.29

補聴器の購入助成と助成制度

医療保険には補聴器の支給制度はありません。保険制度では厚生年金、船員保険、農林漁業団体職員組合、労災保険、公務員災害補償制度、自賠責制度、福祉制度では身体障害者総合支援法(18歳以上)、児童福祉法(18歳未満)、戦傷病者特別援護方により補聴器が公的に支給されます。身体障害者総合支援法による聴覚障害は6級から2級に区分されています。ここでは主に身体障害者総合支援法(以下、総合支援法)を取り上げます。 補聴器のご相談は札幌の認定補聴器専門店、クラーク補聴器にお任せください。
 補聴器・聞こえの<br>ご相談は無料です<br>予約制)

0120-008-356

受付 10:00~18:00 (定休日 日・祝)
(※日・祝は事前ご予約に限りご対応いたします)

ご予約・お問い合わせ